スポンサードリンク
スポンサードリンク

九州大学農学部とは

九州大学農学部ときくと、農業のことを全般に行っているのかな?と思ってしまいますよね。畑とか農作物とか、そういったことを学習しているのかなくらいに思います。でも、九州大学農学部は、もっともっとグローバルな学習をしているのです。
畑にしても豊作物にしても、その根底にはとても難しい研究や新たな開発のための模索が続けられているのですよね。生物資源、環境に関わる教育や研究、その中でも、国際協力や社会貢献を通じて、食料や生活資材の安定供給を考える、と言うことも大切なことなのです。

グローバルなキャンパスライフ

生物が生態系を崩すことなく、人間もまた、健康を崩すことなく過ごすことが出来る、そのための福祉の研究や教育と言ったものが、この九州大学農学部で行われているのです。
教育・研究体制は、生物系、化学系、数物系、社会科学系といった分野を、総合的に研究する体制をとっているのです。外国人留学生を迎える、などして、グローバルなキャンパスライフの環境が整っている、素晴らしい大学が、九州大学農学部なのですね。
大学生活、というのは、一気に色々なものが大きく、幅広くなるものです。人と人との付き合いも、大きくなりますし、自分で選んだ学科を自分で選択して進むべき道を模索する場所でもあります。一番自由な時間を過ごすことの出来る大学という場所。ここでしか体験することの出来ないことがたくさんあると思います。
そんな大切な素晴らしい時間は、その時間を作り出すための環境、と言うものが必要になります。その大学で出来ること、学べること、体験できること、たくさんのことを学ぶことが出来るようになると思いますが、九州大学農学部は、この道に進みたい、と思う方々が、思う存分、学び謳歌できるところです。

多くの留学生を受け入れている

九州大学農学部では、中国や韓国、台湾、ミャンマー、インドネシア、ベトナム、タイ、また、北米、ヨーロッパ、アフリカ、中近東といった世界各国の留学生を受け入れているのです。異文化を持っている若い方々との交流は、素晴らしいものになると思います。
現在、九州大学農学部に在籍している留学生は、120名だそうです。かなり多くの留学生を受け入れていることがわかりますね。こういった海外の若い方とのふれあいは、日本人とのふれあいとは全く違うものになると思います。若い時期に、このような出会いがあることは、本当に宝になると思いますね。
九州大学農学部では、高校生の体験授業などを積極的に行っているようです。キャンパスライフを実際に送ることで、自分の進路にも大いに役立つと思います。

九州大学農学部